保険料節約のコツ

今現在いろんな保険に入ってると思います。

何気に保険って身近なところにあるため
日本人の多くの人が保険に入っています。

ここで言う保険というのは広義の意味です。
たとえば、健康保険なんかも保険ですね。

健康保険に関しては入るのが義務だし、比べて安いところとかってことは無理ですが
その他の一般の保険だと会社によって内容が違ってきたり、保険料が安いところもあります。

自動車保険は見積もり必須

車に乗る人なら自動車保険に入るのが普通ですね。

任意保険は自賠責と違い強制保険ではないため、入らなくても法律上は問題ないですが
もしも事故したことを考えると、とてもじゃないけど任意保険ナシでは運転できません。

自分だけじゃなく相手のこともケアするためにも任意保険は必須なんです。

そんな自動車保険ですが、保険のなかでも比較しがいのある保険となっています。
というのも、会社も多数ありますしタイプによって保険料に差がでやすいのです。

自動車保険のタイプは主に2つ

 

ダイレクト通販型と代理店型です。

 

ダイレクト通販型は、主にネット通販で入るタイプの自動車保険となっており
●●ダイレクトだったりがそのタイプの自動車保険です。

特徴としては保険料が安い傾向にあります。
ダイレクトということで、余計な仲介料がかかっていないことで
保険料が安くなるというメリットがあります。

ダイレクト通販型だと補償が心配とか、事故時の対応が悪いかもしれないと
不安に思う人もいるかもしれませんが、決してそんなことはなく、
むしろ事故対応などに重点を置いており、対応に問題ありません。

 

これから自動車保険を検討したいと考えてる人や、
今の保険料が高くてもっと安いところを探したい人に是非オススメしたい保険です。

 

代理店型というのは、自動車保険契約に人を介して入るタイプです。
●●海上火災保険というような保険会社がそれに当たります。

こちらのタイプだと保険料が高くなるケースもありますが
より細かなフォローを求める人などにはオススメの自動車保険となります。

保険料節約のカギ

 

保険料を節約するためにはいくつかの方法があります。
まずは保険会社を複数社に絞って見積もり比較することです。
補償内容を同じにして比較すれば安い会社が見つかります。

次に、無駄な補償をカットします。

たとえば、特約なんかでつけられる補償もありますが
他の保険の特約と重複しているともったいないです。

 

火災保険と自動車保険の両方に賠償責任特約を付加してるケースなどがこれに当たります。
無駄な保険はカットしちゃいましょう!